京都

京都(きょうと、みやこ、きょうのみやこ、英: Ky?to[1] [2] [3]、ローマ字:Ky?to)は、日本の歴史的な都。京、京師、皇都ともいう。794年に日本の首都に定められた都城・平安京にあたり、日本の政治・日本の文化の中心地となった。

「京都」の由来

東アジアでは古来、歴史的に「天子の住む都」「首都」を意味する普通名詞として京(きょう)、京師(けいし)が多く使用されていた。西晋時代に世宗(司馬師)のである「師」の文字を避けて京都(けいと)と言うようになり、以後は京、京師、京都などの呼び名が用いられた。

日本でも飛鳥京恭仁京などが京都とも呼ばれた。平安京は当初から京都とも呼ばれたが、定着したのは平安後期からで、京や京師という呼び名も併用されていた。その後、次第に「京の都」(きょうのみやこ)、「京」(きょう)、「京都」(きょうと)が都市の固有名詞のようになり、定着していった。

 

京都と洛陽

古く京都は、しばしば中国王朝の都となった洛陽に因み、京洛、洛中、洛陽などといわれた。元々は平安京を東西に分割し、西側(右京)を「長安」、東側(左京)を「洛陽」と呼んでいた。ところが、右京すなわち「長安」側は湿地帯が多かったことなどから程なく廃れ、市街地は実質的に左京すなわち「洛陽」だけとなった。このため京都を「洛陽」と呼ぶようになった。京の都に上ることを上京、上洛と言う。現在でも京都以外の地方(含東京)から京都へ行くことを「上洛する」「入洛する」ということが少なくない。

都市災害と文化財

京都市内には活断層の存在が確認され、歴史的にも大きな被害をもたらしている。 ところで、現在京都市内には、多くの木造建築物や仏像などの文化財が数多く現存しているが、その理由として、これらの文化財は昭和初期までほとんどが住宅地の外にあり、幾たびかの市街地からの延焼をまぬがれてきたから存在するとの研究結果が認知されつつある。 ところが、近時住宅地にのみこまれた文化財は、地震等による大火で失われる確率が過去に無いほど非常に危険な状態にあると危惧する声が有識者の中から上がっている。

また、それら文化財自体の地震などへの耐震性についても、現在の基準で判断すると問題のある建物も相当数あるが、解体修理は世紀単位で一度しかできず、莫大な費用を要することから、万一耐震不足と認定されれば、入場制限を強いられる恐れがあり、診断さえ行われない場合が多い。

 

1 2 3 4 5 .. 3270

夏目漱石の京都

夏目漱石の京都
3,740 円
丹治伊津子(著者)

京都の花街芸妓・舞妓の伝統美

京都の花街芸妓・舞妓の伝統美
3,080 円
溝縁ひろし(その他)

京都詩集

京都詩集
2,517 円
現代京都詩話会

京都の昆虫

京都の昆虫
2,725 円
京都昆虫研究会(著者)

京都の昔話

京都の昔話
1,620 円
稲田浩二(著者)

京都百景

京都百景
1,944 円
井堂雅夫(著者)

京都祇園祭

京都祇園祭
1,760 円
中田昭(著者)

京都文学散歩

京都文学散歩
1,439 円
京都新聞出版センター

京都学校物語

京都学校物語
617 円
京都市教育委員会,京都市学校歴史博物館

1 2 3 4 5 .. 3270

CS Shop

1 2 3 4 5 .. 3270

夏目漱石の京都

夏目漱石の京都
3,740 円
丹治伊津子(著者)

京都の花街芸妓・舞妓の伝統美

京都の花街芸妓・舞妓の伝統美
3,080 円
溝縁ひろし(その他)

京都詩集

京都詩集
2,517 円
現代京都詩話会

京都の昆虫

京都の昆虫
2,725 円
京都昆虫研究会(著者)

京都の昔話

京都の昔話
1,620 円
稲田浩二(著者)

京都百景

京都百景
1,944 円
井堂雅夫(著者)

京都祇園祭

京都祇園祭
1,760 円
中田昭(著者)

京都文学散歩

京都文学散歩
1,439 円
京都新聞出版センター

京都学校物語

京都学校物語
617 円
京都市教育委員会,京都市学校歴史博物館

1 2 3 4 5 .. 3270

CS Shop